種類豊富な法人カードの比較基準は?受けたい優待を明確にしよう

法人向けのクレジットカードは、個人向けのカードと比べると審査のハードルが高いです。とはいえ、近年では個人事業主でも法人カードの発行を受けやすくなってきています。

これは、カード数の増加に伴い、カード会社間の競争が激しくなっていることが背景にあるといえます。種類が豊富になって選択肢が増えているのは良いことですが、その分、どのカードを発行してもらうかの決定はより丁寧に行いましょう。

法人カード選びで重要なのは?

法人カードを選ぶときには、費用の安さを重視するのか、サービスの高さを求めるのかを意識しましょう。どちらを重視するかによって望ましいカードが変わってくるからです。

アメリカン・エクスプレスはサービスが充実

まず、サービスの高さを求めている場合には、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードが、多くの優待が受けられるので望ましいカードです。

年会費26000円は高いですが、費用よりもサービスを重視するのであれば優れたカードです。

楽天ビジネスカードは低コスト

逆に、サービスはそれほど多くなくても良い代わりに、費用を安く抑え得たい場合には、楽天ビジネスカードが候補に挙がります。

年会費が先述のカードと比べると半額以下に抑えられるため、費用が少なくて済むことを重視するならば利用価値のあるカードです。

法人カードはさまざまな優待が魅力

法人カードを使用するビジネスの場面では、個人で利用する場合よりも優待サービスがありがたく感じるケースが出てくるので、優待の価値を適切に把握するように心がけましょう。

そのうえで、優待のメリットを考慮した価格比較を行ってみましょう。また、審査の面でも、比較的通りやすいカードとそうでないカードがあります。

そのため、希望のカードの審査に通らなかった場合でも、そのまま諦めてしまうのではなく、別の法人カードの審査にチャレンジしてみましょう。