貯金を考える人必見!30代の人の貯金額と、必要な貯蓄額

30代になるまでに何百万円かは、貯金したいと考えたことはありますか?
30代ではどのくらい必要か気になったことはありますか?

そこで30代での必要な金額や理想の貯金などを紹介します。

30代の人の現在の貯蓄額は?

平均年齢36.6歳の100人にアンケートを取った結果(*1)、最高貯蓄金額が7000万円と言う人や貯金はほぼゼロという人までバラバラ。

約2割が貯金額1000万円以上

結果は以下の通り。2割の人が1000万円以上を貯蓄していて、半分近くの人は500万以上貯金しているそうです。

  • 0~99万円:10%
  • 100万~299万円:27%
  • 300万~499万円:17%
  • 500万~799万円:18%
  • 800万~999万円:10%
  • 1000万円以上:18%

30代の貯蓄額はどれくらい必要?

30代の平均貯蓄額は、平均値がシングルで732万円(負債額203万円)、ファミリーで600万円(負債額798万円)。中央値では、シングルで350万円、ファミリーで405万円です。(*2)

気になるのは結婚や出産での出費

ちなみに、生活をしていくうえで必要な金額は、結婚式を挙げるとすると平均340万円かかります。出産をすると平均62万円、マイホームを買うと、土地付き注文住宅で3562万、マンションで3758万かかります。そのほかに、子供の養育費や老後生活でもお金がかかるので結構貯金が必要になりそうです。

生活費はなんと1年で435万円

また、1か月の出費の内訳を平均すると食費約34000円や家賃約120000万円、水道・光熱費約20000円などを足すと、362000円ほどかかるのです。1年で計算すると約435万円になります。

理想としては、収入の30%が固定費、25%が食費、15%が変動費として30%を貯金に回すことがいいでしょう。

まずは実践!お金を貯める方法

お金を貯めるには、まず家計簿をつけるといいでしょう。毎月の収入や出費を把握することでお金がたまりやすいですし、30代なら収入も安定してきているので貯め時だと思います。

自分のお金のことを把握しよう

また、節約をしようとしている人は、固定費を把握して1年間にどのくらい払うのかを明らかにしましょう。固定費を減らすことができるかもしれないと考えると思います。こうすれば効率よく貯金ができるでしょう。

(*1)http://www.womaninsight.jp/archives/66858
(*2)http://www.chokin-ginko.com/kiso/chokingaku_30.html