【タイプ別】お得な株主優待が受けられる銘柄10選

株式投資をしている人にとって、日々の売買益はもちろんのこと、配当金や株主優待もとても魅力的なものです。

企業はオリジナリティ溢れる株主優待を用意して、株主が増えることを待っています。今日は中でもお得な株主優待銘柄10選をご紹介します。

1.食糧品などの株主優待

人気のスターバックスでは持っている株数によって種類やサイズ、トッピングなどのオプションは問わず使えるドリンク券がもらえます。

ダイドードリンコでは、3000円相当の自社製品のコーヒーやジュースなどがもらえます。

明治製菓では100株で2000円、300株で3500円相当のチョコレートやスナックなどの自社製品を株主優待として発送しています。

2.施設利用などの株主優待

東京ディズニーランド&シーを運営するオリエンタルランドの株を持っていれば、1ディパスポートをもらうことができます。

イオンでは株数に応じて何%引きになる優待カード(オーナーズカード)が発行されます。更にこのカードを持っていると店内にある(全店にあるわけではありません)イオンラウンジを利用することができます。

ここではプライベートブランドのドリンクやお菓子が飲み放題食べ放題で、同伴者4名まで入って楽しくおしゃべりすることができるのです。

3.商品券・金券などの株主優待

ANAやJALの航空会社系株主優待券を使えば、普通運賃の50%引きで飛行機に乗れます。1000株で優待券が1枚もらえます。

ワタミでは6000円分のお食事券を株主優待として送ってくれます。自社グループ店での飲食の他、介護ホームの入居利用料に使用することもできます。

個別指導塾を運営する明光義塾の明光ネットワークジャパンでは、3000円分のオリジナルQuoカードを送ってくれます。

4.株主にならないと手に入らない特別な品など

化粧品メーカー資生堂では、1000株以上の場合、株主限定のオリジナルフレグランスがもらえます。

タカラトミーでは最小単位株数の株主にはトミカ1台とチョロQ1台、1000株以上の株主にはそれに加えてリカちゃん人形1体もプレゼントしてくれた年度がありました。このように株主限定のオリジナル商品が得られることもメリットの1つです。

優待は毎年変わります

優待は毎年内容が変わります。株主優待は株主にとって楽しみの一つとなりますよね。

監修者

江阪 南美

金融機関の資産運用アドバイザーや株・債券・投資信託のセミナー講師などを経て、現在はフリーライターとして活動中。証券外務員1種、2種、保険関連を保有。 関西出身、節約、投資、税金などお金に関することが大好きで、趣味は映画観賞、音楽鑑賞です。どうぞよろしくお願いいたします。