株式投資の始め方:株取引に必要な手順とは?

近年は株高やNISAスタートなどを受けて、株式投資を行う人もずいぶん多くなりました。今日はまだ株式投資を始めていないあなたに、株式投資を始めるために必要なことを順序立ててご紹介します。

まずは証券会社を選ぼう

様々な証券会社がありますが、まず皆が選ぶ基準とするのは「取引手数料」です。

取引する金額や回数によって手数料が変わるので、自分の売買スタイルをよく考えて、どの証券会社のどのプランで申し込んだら一番手数料がお得になるかにまず焦点を当ててみましょう。

初心者の場合はまだ自分の売買サイクルなどの感覚がつかめていませんから、1回の売買にかかる手数料が安い所を選ぶのが基本となります。また現在はパソコンを使いネットを介した株式取引が主流です。

口座を作って入金しよう

証券会社を選んだら、早速口座を作ります。書類をネットを介して請求したり、証券会社によっては店舗や銀行の窓口などで申し込み手続きをできる場合もあります。

証券口座には基本的に一般口座と特定口座があり、一般口座にした場合は後で自分で確定申告をする必要がありますが、特定口座なら証券会社に源泉徴収をしてもらうことができ、非常に楽です。

NISA口座は非課税でおすすめ

株式投資による年間の利益が20万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。また初心者はNISA口座もおすすめです。NISA口座で取引すると、投資金額100万円分までの利益や配当金が非課税となります。

初めての売買に挑戦

申込と口座開設が完了し、入金を済ませたら早速第一回目の取引です。市場を勉強したり話題になっている会社の中から目ぼしい企業を選び、購入枚数を決めて買いを入れます。

例えば「A社株を1200円で100枚」購入した場合、仲介してくれている証券会社の口座から12万円と取引手数料が引かれます。しばらくしてこの株が1300円になり、全部売却した場合は13万円が戻り、同時に源泉徴収分20%と取引手数料分が引かれます(特定口座で源泉徴収有の場合)。

ですから丸々1万円の利益が出るわけではなく、正味7000円ほどの利益となるわけです。

監修者

江阪 南美

金融機関の資産運用アドバイザーや株・債券・投資信託のセミナー講師などを経て、現在はフリーライターとして活動中。証券外務員1種、2種、保険関連を保有。 関西出身、節約、投資、税金などお金に関することが大好きで、趣味は映画観賞、音楽鑑賞です。どうぞよろしくお願いいたします。