今の持株をさらに有効活用できる!株の空売りの仕組みとは

株式取引には種類がある

 
株の初心者の方は、買った株価が上がったら売る、というのが株式投資の基本です。

しかしその逆、つまり先に売りを行い、株価が下がったら買い戻すという「空売り」という投資方法があるのをご存知でしょうか。これは信用取引とも呼ばれます。

株の空売りの仕組みとは?

株の空売りは、値下がりしたら利益が出ます。証券会社に「信用取引口座」を持って、そこで取引します。証券会社に株を借りて、その株が更に下がったら株の返済期限までに買い戻すことで利を得ます。

例えば今100万円の値段が付いている株を証券会社を通して借り、90万円に下がった時に買い戻せば10万円分お得に手に入れられたことになります。取引の際は別途手数料が必要になります。

株の空売りのメリット

このように、株価が下がったら利益が出るわけですから、その企業に何か問題があって将来的に株価が下がることが目に見えている場合は、空売りをすれば利益を上げられる確率が高くなります。

また、ダウや日経平均が全体的に下がる日は、それに引きずられていろいろな株価が下がりがちですから、空売りをするチャンスとなります。

塩漬け株も活用できる

さらに、現在持っている塩漬け株(含み損のある株)を空売りのための担保資金にすることもできるので、売るに売れない塩漬け株を有効利用することができます。

株の空売りのデメリット

予想に反して株価が上がってしまったら、逆に損失が出ることになります。また、株価が上昇してしまった場合には「逆日歩(品貸料)」という利息を払わなければならなくなります。

この数値は証券会社や銘柄によって異なりますので、よく確認する必要があります。

機関投資家の空売り戦略に注意

また、今では個人投資家が空売りすることも増えましたが、機関投資家や仕手筋が空売りをして株価を意図的に操作されている場合がありますので、一般投資家がこれらの空売りによって資産を奪われる場合が多くありますので取引の際には注意が必要です。

監修者

江阪 南美

金融機関の資産運用アドバイザーや株・債券・投資信託のセミナー講師などを経て、現在はフリーライターとして活動中。証券外務員1種、2種、保険関連を保有。 関西出身、節約、投資、税金などお金に関することが大好きで、趣味は映画観賞、音楽鑑賞です。どうぞよろしくお願いいたします。