クレジットカードの選び方:あなたに合うのは銀行系?交通系?

皆さんはクレジットカードを何枚持っていますか?また、それらを有効に使い分けできていますか?

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを

入会キャンペーンなどに惹かれてカードを作ったものの、当初のサービスをゲットしただけで、カード自体は全然使っていない、そんな人も多いようです。

そういった経緯で作ってたくさんカードを持っていても、実際に頻繁に使うのは2~3枚ではないでしょうか。

クレジットカードは厳選して使おう

自分のライフスタイルでは何をよく利用しているのか、どんな特典を受けられると嬉しいのか、それらをよく吟味してカードを2~3枚に厳選しましょう。そうしないと、ポイントの溜まり具合も遅くなってしまいます。

銀行系カードと信販系カードを比較

銀行系カード

銀行系のカードは、振り込みや現金の引き出し、引き落としなどを普段よく利用している人におすすめです。低金利のご時世、とても馬鹿馬鹿しく感じるATMの手数料が、銀行系カードを持っていることで優遇されます。

三井住友カード、住んでいる地域の地銀のカードなどがおすすめです。

信販系カード

信販系のカードは、リボ払いや分割払いでよく買い物する人におすすめです。ショッピングが大好きで月の利用頻度が高い方は是非検討しましょう。有名なものにはNICOSカードやライフカードがあります。

交通系カードとお店系カードを比較

交通系カード

各種鉄道会社や航空会社も、ポイントやマイルがお得に貯められるクレジットカードを出しています。通勤や出張、旅行でよく使う人はどんどんポイントが貯まっていくので、持っていたほうがお得でしょう。

お店系カード

スーパーやデパート、ファッションビルなどでもカードを出しており、頻繁に買い物で利用するお店なら絶対にお得です。ポイントが優遇されて高率になる他、会員だけに配られるクーポンやお得な情報も盛りだくさんです。

特に女性向けに各種魅力的なカードがたくさん作られています。

クレジットカードのグレード

ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータスに憧れる方も多いでしょう。

年会費が高額ですが、空港ラウンジ(一部ではVIPラウンジも)が無料で使えたり、非常に高額な海外旅行保険が付帯されていたり、年中無休で使えるコンシェルジュサービス、付与ポイントが高率になるなど、さまざまな独自のサービスを得ることができます。

高い年会費を支払っても、有効利用できるならば是非検討する価値があるでしょう。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。