横綱に勝てば賞金200万円!力士の給料は平均でどのくらい?

今回はお相撲さんの給与などについて説明したいと思います。意外と知らないその給与や、褒賞金、優勝賞金など独特のシステムに着目してみました!

力士の年収・月給(横綱・大関などその他)

十両以上の力士は、関取と呼ばれ、力士が職業として、認められ、日本相撲協会から給与が支給されます。さらに、ボーナスも年間に月額給与2か月分が支給されます。

力士の平均年収は、約2350万円です。地位ごとの月給と年収については、横綱が、もちろん力士の中でも一番高く、月給が約282万円で、年収が約4000万円。

大関

横綱に次いで二番目に高く、月給が約234万円で、年収が約3000万円です。

関脇と小結

大関に次いで高く、月給が約170万円で、年収が約2000万円。

平幕

月給が約130万円で、年収が約1500万円。

十両

月給約100万円で、年収約1250万円です。

その他の手当

力士の月給のほかに、本場所による様々な手当として、褒賞金、優勝賞金、敢闘賞、殊勲賞、技能賞などがあり、それぞれ支給されます。

力士の褒賞金について

褒賞金についてですが、相撲独特の制度であり、力士が序の口に入ったときから、褒賞金の最低支給基準額が決まっており、番付、場所の成績、昇格などによってポイントが加算されていきます。

横綱に勝つとポイントが加算される

金星も褒賞金の内で、平幕のあいだに横綱に勝つと、毎回ポイントは10円加算されていきます。最低支給標準額は、地位によって決まっています。

最低支給標準額

褒賞金の最低支給標準額は、横綱では、150円、大関では、100円、幕内力士では、60円、十両は、40円となり、それに、加算額が加わります。

加算額はポイント制になっていて、勝ち越し1点ごとに50銭(9勝6敗の場合9-6×50銭=1円50銭)や金星1点で10円等となっています。

褒賞金の地位ごとの支給額

褒賞金をお金で支給する時には、最低支給標準額や加算額を「4000倍」にします。これは、物価に応じて支給額を変動できるようにした工夫です。

横綱 (150円+加算ポイント)×4000=60万円以上
大関 (100円+加算ポイント)×4000=40万円以上
幕内力士 (60円+加算ポイント)×4000=24万円以上
十両 (40円+加算ポイント)=16万円以上となっています。

優勝や敢闘賞・殊勲賞・技能賞の賞金について

続いて、優勝関係については、下記の通りです。

・幕内優勝 1000万円
・十両優勝 200万円
・幕下優勝 50万円
・三段目優勝 30万円
・序二段優勝 20万円
・序の口優勝 10万円

そのほかにも200万円の賞金がいくつかある

そして、敢闘精神のある相撲を取った力士に与えられる敢闘賞、優勝した力士や横綱を破った力士に与えられる殊勲賞、そして、優れた技能を発揮した力士に与えられる技能賞は、それぞれ200万円の受賞賞金が支給されます。

監修者

龍 良雄

関西出身。FP2級及びAFPを取得。年金や税金(節税)、マイナンバー制度や社会保険なども得意な分野です。最近では、株やFX(国内及び海外)など、金融関係も取り扱っています。現在、フリーで活躍中。趣味は映画観賞、音楽鑑賞です。どうぞよろしくお願いいたします。