J-REITの投資方法:不動産投資信託とは?どの銘柄がアツいの?

2000年以降、日本でも不動産投資信託(REIT)市場が確立し、比較的簡単に不動産投資ができる環境が整備されてきました。この記事では不動産投資信託(REIT)の仕組みと特徴、J-REITへの投資方法について説明します。

REITの創設の経緯

不動産投資信託(REIT)は、投資家から集めた資金をオフィスビル、マンション等の不動産物件に投資して、物件の賃料収入等で得た収益を投資家に分配する金融商品です。

REITはアメリカ生まれ

REITは1960年代にアメリカで誕生し広まりましたが、日本版REIT、すなわちJ-REIT市場が創設されたのは「投資信託及び投資法人に関する法律」の改正が行われた2000年になってからのことです。

J-REITの仕組みと特徴

J-REITは、不動産への投資・運用を目的とする「投資法人」という組織が行います。

法人の名称が示す通り、投資法人は会社のような組織ですが、法律によって直接資産運用を行ってはならないと決められているため、投資用不動産の選定や賃貸業務等は資産運用会社に、不動産等の資産管理は資産管理会社にそれぞれ委託するのが一般的です。

高額な分配金が魅力

J-REITでは基本的に収益の90%超を投資家に分配することを条件に、法人税が免除されています。

株式の場合、まず収益に法人税が課せられ、その残りについても設備投資や内部留保等に配分された後に、ようやく株主への配当となります。

したがって、J-REITは株式に比べてより高額の分配金が期待されることから、投資家にとって大変魅力的な商品であるといえるでしょう。

不透明な不動産売買

一般的に不動産の売買は数週間から数カ月かかるのが相場と言われており、株式や債券に比べて簡単に換金することができません(投資用語で「流動性が低い」と言います)。

また、不動産売買にかかる関係者が複数介在するので、取引の手法や手数料等の相場も大変分かりにくい業界の一つと呼ばれています。

簡単に不動産投資ができる

一方J-REITは証券市場に上場しており、株式に該当する「投資口」の売買も証券会社を通じて行われています。また、投資口価格(株式の「株価」に該当する一口当たりの価格)は需要と供給の関係や社会経済情勢から日々変化しています。

J-REITは、証券市場に上場することで不動産取引における流動性や透明性の低さというデメリットを解消し、投資家が比較的簡単に不動産に投資できる環境を提供している商品といえます。

 J-REITへの投資方法

J-REITの売買は株式と同様、証券会社を通じて行います。投資単位は1口で、投資口価格は投資物件に応じて1万円から高いものでは100万円を超えるものまで様々です。

上場投資信託

また、J-REIT個別銘柄でなくJ-REITの上場投資信託(ETF)に投資するという方法もあります。

現在、4銘柄(証券コード:1343、1345、1595、1597)のJ-REITのETFがありますが、これらはJ-REITの個別銘柄に分散投資しており、いずれも東証REIT指数に連動したインデックス型の商品です。

比較的少額(数万円程度)から投資可能ですので、投資の初心者向きの商品と言えます。

リスクを分散させる

この他、証券会社や金融機関が販売する投資信託にもJ-REITを扱った商品が多数あります。また、海外のREITや株式や債券と組み合わせてリスクを分散させたバランス型の投資信託も用意されています。

監修者

堀口 真代

大学卒業後に渡豪。在豪中に現地の銀行口座を開いたことがきっかけで外貨預金に興味を持つ。新聞社外電部、信用金庫などを経て現在はフリーランスで記事を執筆。