困った時にお金を借りる方法:どの借り方が一番お得?

お金が足りなくなったときには、借りる必要が出てきます。お金を借りる際にはどのようにすれば良いのでしょうか。融資タイプごとのメリットやデメリットについて知っておきましょう。

銀行の大口融資向け

お金を借りると、利息を支払う必要があります。もちろん、利息は少ないほうが望ましいので、できる限り金利の低い融資を受けられるようにしましょう。

審査は厳しい

一般的に、低金利なのは銀行の大口融資の場合です。ただし、銀行の大口融資は低金利であるがゆえにリスクを抑える必要があることから審査が厳しめです。審査期間も長くなるので、しばらくしてからお金が必要になる場合に利用しましょう。

消費者金融のカードローンはハードル低

すぐにお金が必要な場合は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。インターネット申し込みを行い、早い場合だと申し込んだ日のうちにお金を手に入れることができます。

また、審査基準もゆるめなので審査に落とされる可能性は比較的低いです。

金利に要注意

ところが、消費者金融のカードローンは金利が高めなので、長期にわたって利用すると支払利息額が軽視できなくなります。緊急的な資金を確保したい際に利用しましょう。

銀行系のカードローン

審査のスピーディーさと金利の低さが、銀行の大口融資と消費者金融のカードローンの間に当たるのが、銀行系のカードローンです。

カードローンなので審査基準はあまり厳しくなく、スピードも比較的早いですが、消費者金融系のカードローンと比べると少し審査が厳しくスピードも劣ります。

金利は低め

しかし、金利は消費者金融系カードローンよりも低くて済む場合が多いです。緊急度がそれほど高くない場合には銀行系のカードローンの利用も検討してみましょう。

監修者

堀口 真代

大学卒業後に渡豪。在豪中に現地の銀行口座を開いたことがきっかけで外貨預金に興味を持つ。新聞社外電部、信用金庫などを経て現在はフリーランスで記事を執筆。