ローン金利から総返済額を計算するには?返済方法の種類を紹介

ローンを借りる際には、金利が気になります。ただし、実際にローン返済するにあたってより重要なのは、結局いくら支払う必要があるかです。金利の種類や、返済の方法などによって、見かけの金利が同じでも、総返済額が異なる場合があります。

元利均等返済か元金均等返済か

同じ金利で返済を行う場合でも、返済方法によって支払額が変わってきます。ローンの返済方法には大きく分けて2つあります。1つは元利均等返済、もう1つは元金均等返済です。

元利均等返済

元利均等返済では毎月の返済額が一定となります。そのため、返済初期においては利息を多めに返し、返済が進むにしたがって返済額に占める元金の割合が多くなっていきます。

元金均等返済

一方、元金均等返済では、返済する元金が一定です。したがって、返済初期においては月々の返済額が多くなり、元金が減少するにしたがって利息負担が減るので、返済が終わりに近づくと、月々の支払い額が少なくなります。

総返済額が少ないのは元金均等返済

元利均等返済では、元金均等返済に比べて元金の返済が遅れる分、利息額が多くなってトータルの返済額が増えてしまいます。返済初期に多めの返済をする余裕があるなら、元金均等返済を選択して総返済額を抑えましょう。

変動金利か固定金利か

利率が同じでも、固定金利か変動金利かによって総返済額に差がつく可能性があります。

固定金利は返済額が増えない

固定金利では、返済が完了するまで金利が変動しないので、市場金利が上昇しても返済額が増えてしまうことはありません。

変動金利にはメリットとデメリットが

一方、変動金利では、定期的に金利が見直されることから、市場金利が上昇すれば返済額が増えてしまう可能性があります。逆に、市場金利が下落すれば返済額が減るチャンスもあります。

ただ、市場金利が大幅に下落した場合は、固定金利ローンであっても、借り換えを行うことによって負担をある程度軽減できることがあります。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。