nanacoカードの作り方と活用方法:税金の支払いでもポイント還元?

nanacoカードとは、主にセブンイレブンやイトーヨーカードーで利用できる電子マネーで、事前にチャージしてチャージした分だけ利用できるカードです。買い物でポイントも溜まり、対象商品を購入するとボーナスポイントが付与されます。

nanacoカードの作り方

nanacoカードは発行時に通常300円必要です。もし時間に余裕があれば毎月無料で作れる日がありますので、その日を狙って作成しましょう。

8のつく日は発行料無料

イトーヨーカードーで毎月8のつく日(8日、18日、28日)になるとCMや折り込み広告が入るのでご存じの方も多いと思いますが、このハッピーデーでは通常かかる発行手数料300円が無料となります。

作成時には1000円現金チャージが必須条件です。必要事項を記入する書類がありますが身分証明書は必要ありません。

アプリでも入会可能

カードを持ちたくない、ハッピーデーを待てないという方はnanacoモバイルを利用しましょう。サイトからアプリをダウンロードして入会の手続きをします。300円はカードの発行手数料なので、カードの発行がないモバイル版は無料で作成できます。

nanacoカードのメリット

買い物で割引が受けられる

ハッピーデーにイトーヨーカードーでnanacoを利用して買い物をすれば、購入金額から5%オフになります。カードを提示するだけでなくnanacoを利用しないと5%オフにはなりません。

ポイント還元がある

購入金額100円につき1ポイント+対象商品にはボーナスポイントが付与されます。ポイントは1ポイント1円で利用ができます。また他の提携先のポイントへの交換や、nanacoグッズへの交換ができます。

税金の支払いができる

セブンイレブンでnanacoカードを利用して税金を支払うことができます。税金の支払いにはポイントは付与されませんが、事前にクレジットカードでチャージをしていた場合、そのクレジットカードにはカードのポイントが付与されることがあります。

ただし全てのクレジットカードにポイントが付与されるわけでなく、一部のカードのみです。

ポイントが付くクレジットカード

現時点では、主に以下の3つです。

・ 漢方スタイルクラブカード(1.75%〜。年会費2年目から1500円[税抜])
・ 楽天カード(1%〜。年会費永年無料)
・ リクルートカード(1.2%〜2.0%。年会費無料のもある)

年間費がかかるカードもあるので、還元率だけでなく溜まったポイントの利用方法など考慮に入れてカードを利用しましょう。

nanacoカードが使える店

セブンイレブンやイトーヨーカードーの他、そごうや西武でも利用できます。高額商品を購入する機会にはポイントを稼ぐチャンスです。

事前にクレジットカードでチャージを済ませておけば、nanacoポイントの他、クレジットカードのポイントもつくのでお得です。その他、デニーズやガソリンスタンド(エッソ、モービル、ゼネラル)でも利用可能です。

監修者

堀口 真代

大学卒業後に渡豪。在豪中に現地の銀行口座を開いたことがきっかけで外貨預金に興味を持つ。新聞社外電部、信用金庫などを経て現在はフリーランスで記事を執筆。