ポットと比較・ティファールの電気ケトルは本当にコスパがいい?

「アッと言う間にすぐに沸く、ティファール♪」で人気のティファール。本当にすぐに熱々のお湯が沸くので時間が無い時は本当に便利ですが、果たしてコスパは良いのでしょうか?

まずはティファールの特徴について

0.8リットル、1リットル、1.2リットルなど、いろいろなサイズや色があります。樹脂素材で出来ているので汚れも落とし易く手入れが楽です。

沸騰後は自動でオフに

お湯が沸騰した後は自動でOFFになるので、空焚きすることもありません。沸いた後は底面が熱くないのでそのまま持ち運んでテーブル上に置くこともできてしまいます。軽いので持ち運びも苦になりません。

ホコリが入らないように注ぎ口にカバーが付いているタイプもあります。他社製品に比べてワット数が高いので沸騰速度が高いです。

電気代はいくらかかるの?

なんと140cc、カップ一杯分くらいのお湯なら約1分で沸いてしまう速さです。瞬時の電気使用量は高いので、目安として1日3回500ccを沸かしたとすると、月の電気代は200円ほどです。

都市ガスやプロパンガスでやかんをつかって同じ回数沸かしたとすると、電気ケトルのほうが多少割高にはなるようです。

今はポットよりケトル派が増加

かつては日本では長時間保温する機能の付いた電気ポットが主流でしたが、現代では使う分だけ少量の新鮮なお湯を作るという価値観になっています。

ずっと同じお湯を入れっ放し、しかもずっと電気代がかかったまま、という効率の悪い電気ポットよりも、本当にあっという間に新鮮なお湯が出来てしまう電気ケトルのほうがコスパは良いと言えます。

お得な活用方法例

冬にお鍋を食べる時のさし湯で使ったり、夏場も麦茶の出を良くするため活躍します。また寒い冬に冷え切った足を温めるための即席の足湯を作れますし、パスタなどの麺類を茹でる時の時間短縮にも大活躍してくれます。

今までやかんを使ってお水の段階から温めてお湯を作っていた皆さん。一度使ったらその速さと便利さの虜になってしまいます。購入を迷われている方には是非おすすめします。