初心者でも簡単にできる・白色申告の帳簿のつけ方

平成26年1月から、全ての白色申告者に対して、帳簿の記帳及び保存の義務が課さられることになりました。実際に何をどのようにして帳簿に記帳しなければならないのでしょうか?

白色申告の記帳は単式簿記でOK

単式簿記とは簿記の手法の一つで、取引結果の一面のみに着目して記録・集計する記帳法のことです。例えば、現金の流れ(キャッシュフロー)だけに着目して、資産(ストック)とは切り離して記帳すればよいとされています。

内容は家計簿と同じ

わかりやすく言えば「家計簿」をつけるのと同じです。通常の家計簿では日々の家計における現金の収支を記載しており、定期預金や株・債券といった資産の動きまで記載しないので、この点が共通しています。

1日の合計額を記帳する

白色申告の記帳は、項目ごとではなく1日の合計額での記帳が認められていますので、人によっては家計簿よりも易しく感じるかもしれません。

白色申告に記帳する項目について

白色申告の際に必要となる帳簿には、特に決められた様式はありません。ただし、売上・収入の金額と仕入・必要経費がはっきりとわかるように、取引のあった日付、具体的な摘要、金額を記録するようにしましょう。

領収書は必ず保管

これらの金額を証明する領収書やレシートも保管しておきましょう。納品書や請求書などの控えがあれば、個別の金額でなく1日の合計金額でも認められています。

白色申告の申告書類について

白色申告をする人が税務署に提出する書類は「収支内訳書」と「確定申告書B」です。帳簿はこれらの申告書類に記載している内容が正しいことを証明するために、記帳するものです。

収支内訳書と同じ区分にする

本節の最初に「特に決められた様式はありません」と言いましたが、作成する帳簿の経費欄を「収支内訳書」と同じ区分にしておけば、確定申告の際の転記作業が楽になりますので、取り入れてはいかがでしょうか。

申告書はHPで手に入る

収支内訳書、確定申告書Bはお近くの税務署で入手することが可能です。また、国税庁のホームページからもダウンロードすることができます。

白色申告を初めてする方へ

初めて申告される方にとっては不安が多いと思います。そこで、新たに記帳を行う方や記帳の仕方がわからない方のために、確定申告の時期が近づくと、記帳の概要や記帳の具体的な方法等を説明する「記帳説明会」がお近くの税務署で実施されています。他にも、個別相談は随時税務署で行われています。

申告代行サービスを使う

最近では民間事業者による、記帳代行サービスも普及してきました。記帳など経理に手間や時間がかかってしまう、本業に専念したいという理由でアウトソーシング(外部委託)を考えている方には、便利なサービスです。

代行サービスのメリット

この記帳代行サービスのメリットとしては、以下の4つがあげられます。ご自身の事業形態やご予算に応じてご検討下さい。

(1)簡単 手間と時間のかかる記帳作業を、すべて任せることが可能です。
(2)迅速 記帳作業を経理のプロが行うので正確かつ迅速に処理できます。
(3)節約 新たに経理担当者を雇ったり、教育したりする費用を節減することが可能です。
(4)安心 不明な点は経理のプロに質問・相談することが可能です。

監修者

堀口 真代

大学卒業後に渡豪。在豪中に現地の銀行口座を開いたことがきっかけで外貨預金に興味を持つ。新聞社外電部、信用金庫などを経て現在はフリーランスで記事を執筆。