より安心して保険の比較ができるように!「保険ショップ」への規制が強化

2月18日に金融庁は、いくつかの保険商品を比較して販売する代理店「保険ショップ(乗り合い代理店)」の規制を強化することを決めました。

保険ショップとは?

保険ショップとは、複数の保険商品を紹介して、比較検討することができる販売代理店です。

しかしこれまで、代理店が保険会社から受け取る手数料の開示義務がありませんでした。そのため、中立を装った代理店が、手数料の高い保険を顧客に勧めている可能性もありました。

規制強化でなにが変わるの?

今回の規制によって、代理店は手数料を金融庁に報告する義務が生まれました。これによって、代理店の中立性が透明化されることが期待されます。

また顧客に保障内容や保険料を比較しやすいよう説明することが義務づけられ、わたしたちはより一層安心なサービスを受けられることになります。

この規制強化は、2016年5月末から実施されます。