個人?ツアー?フランスの旅行を満喫するための費用を解説

憧れのフランス旅行。新婚旅行でも人気のあるスポットです。せっかくのハネムーン、二人っきりでゆっくりしたいから、個人で行くべき?それともツアーの方が安心で簡単?費用面から解説します。

フランスへの旅行について

長時間のフライト

日本から、直通でも飛行機で12時間はかかります。長いフライトになりますので、エコノミーではつらいかもしれません。かといってビジネスクラスやファーストクラスではかなりの金額になるので、もし利用したいのであれば、覚悟が必要です。

オンシーズンとオフシーズン

季節ですが、やはり冬は安い傾向があります。春~夏は、ヨーロッパのベストシーズンです。夜も8時近くまでは明るくて、お店も冬よりは長く営業しています。ただベストシーズンは冬よりも価格が上がりますので、それなりのお値段がします。

ツアーの料金について

さて、旅行へ行くとするとどんな費用がかかると思いますか?

必要費用のリスト

かかる費用は、交通費(空港までの交通機関+渡航費用)、燃油サーチャージ、宿泊費、食事代、フランスでの交通費、お土産代などです。

ツアーなどは、空港までの交通機関費用とお土産代以外は含まれていることが多いですが、これもツアーによって内容が変わってきます。

金額の目安

ベストシーズン(8日間)で36万円~40万円、冬でしたら、20万円~30万円くらいが目安です。特に燃油サーチャージは数か月単位で変わっていきますので、ツアーでも多くは別途費用にしているところのほうが多いでしょう。

個人のツアーの場合

飛行機代

これも、オンシーズンとオフシーズンでかなり価格差がありますので、詳しくは各航空会社のサイトなどでご確認ください。目安としては、LCCで約5万円~7万円、一般の航空会社なら約8万円~10万円です。

食事費用

物価は日本よりも少々高く感じます。特にレストランは食事代+チップの習慣のある国なので、割高に感じるかもしれません。ユーロのレートが高い時は猶更です。

目安として、一般的なレストランで一人20€、高級レストランのディナーでは、300€以上を覚悟しましょう。

宿泊費用

ホテルの宿泊費は、ユースホテルで30€前後、パリで3つ星なら100€~、5つ星なら一番高くて1,000€ぐらいかかります。

新婚旅行ならどっちを選ぶか

二人でゆっくり、ラブラブしたいのであれば、やはり個人ツアーでしょう。ただし、結婚前から計画しなくてはいけないので、結婚準備と同時並行でやるのは結構大変です。

自由度の高い個人ツアー

お金を掛ける覚悟があるのなら、旅行会社に個人ツアーとして相談してみるのもいいかもしれません。出来るだけ安くあげるのであれば、個人で頑張るしかありません。

細かな点はお任せできる団体ツアー

団体ツアーであれば、添乗員さん同行であれば、細かいことはお任せして旅行を満喫できます。といっても時間は厳守です。団体行動のため、思った通りに行かないこともあります。

物事は計画通りにはいきません。計画通りにいかないことを前提に気持ちにゆとりを持って。せっかくの新婚旅行で、喧嘩などしないように注意して下さいね。どちらを選ぶにしろ、あなたの素敵な新婚旅行を楽しんでください。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。