その1クリックは何円?リスティング広告の効率的な出し方と費用

リスティング広告は今や、ウェブ上での広告方法としてはスタンダードな地位を有しています。でもその効果的な方法や費用など、一見して判らないことがたくさんありますよね。

リスティング広告とは

グーグルやヤフーで検索をすると、検索結果の上に、検索した言葉に関するサービスや商品を提供している会社が「広告」として表示されるのを見たことがあると思います。

これをリスティング広告といいますが、これは今、ウェブ上でのスタンダードな広告方法です。検索した言葉や費用など、ある程度広告主が自由に設定できるのが特徴です。

クリック課金で報酬を受け取る

多くは「クリック課金」という課金方法が取られています。これは検索結果が表示されただけでは課金は発生せず、興味を覚えたユーザがクリックして初めて課金が発生するという方式です。

リスティング広告の費用とは?

広告費用の計算方法は、「クリック数×クリック単価」です。人気のあるキーワードは、入札の結果によって単価が決まりますので、クリック単価が上がる傾向にあります。ただ特殊なキーワードなどは設定する人が少ないので安い単価で可能となります。

リスティング広告の掲載基準

広告の掲載準備は、「入札価格×広告の品質(クリック率など)」などで決定されます。

クリック単価の相場を知りたい場合

まずは自分が使いたいキーワードの相場を知りたいと思いますので、その方法を解説します。

平均クリック単価(CPC)

これは、一定期間中のあるキーワードのクリック単価を平均したものです。

これを調べるツールを、GoogleAdWordsではキーワードプランナーと呼びます。Yahoo!プロモーション広告では、キーワードアドバイスツールと呼んでいます。まずはこれを使って、自分が使いたいキーワードについて相場を知りましょう。

リスティング広告の効率的な出し方

1.クリック単価を下げる

費用を抑える場合は、まずクリック単価を下げることです。人気のあるキーワードはそれだけ単価が高いので、複数のキーワードを上手に組み合わせることが重要です。

2.ロングテールキーワードを狙う

複数のキーワードを組み合わせ、競合の少ないロングテールキーワードを狙いましょう。より具体的であれば、ユーザのニーズにはまることが多く、成約率が高くなる傾向にあります。

3.コンバージョン率の向上を狙う

また、コンバージョン率(成約率)が高ければ少ないクリック数で最大の効果が得られます。そのため、検索結果先でユーザ表示させるランディングページのオファー内容に力をいれましょう。

更に、申込みに至るフォームを最適化することも重要です。コンバージョン率を上げることができます。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。