今までのサラ金がチャラになる?サラ金の時効を判断する方法とは

借りたお金は返すのが基本です。最近は消費者金融のCMでも「ご利用は計画的に」などと言っているくらいです。ただ長い人生何があるか判らないので、人によっては返せなくなる状況が発生するかもしれません。そんなときにサラ金の時効があると知っていれば、また違ってくるでしょう。

サラ金の借金の時効とは?

借りた相手によって借金の時効は違います。銀行などの金融機関や消費者金融は5年、友人、知人、家族などの場合は10年になり、法的にこの時効の事を「消滅時効」といいます。

時効の援用

ただし、これは債権者が一定期間、債権を行使せずに放っておいた場合でかつ、債務者が「時効が成立した」と主張して初めて成立します。

この時効が成立したと主張する行為を「時効の援用」といいます。時効が成立した後に、債権者が返済請求してきても、支払う義務はなくなります。

時効の中断

時効の成立の条件の一つに、「債権者が一定期間、債権を行使せずに放っておいた場合」と言いましたが、これが行使されていると時効は中断されます。5年経過しても時効は成立しません。

ではこの行使とは具体的にどんな行為を指すのでしょうか?大きく分けて3つのケースがあります。

1.債務の承認がなされたとき

まず「債務の承認がなされたとき」です。判りやすく言えば、債務者が、借金があると認めた場合です。つまり1円でも払ったら時効の利益は放棄したことになります。借金の減額を申し出る書類に返信した時も同様です。

2.裁判上の請求があったとき

次は「裁判上の請求があったとき」です。これは債権者が裁判所に「返済をして欲しい」と訴え出ると、裁判所から督促なり訴状なりが届きます。

裁判所以外からの督促以外では時効は中断しませんが、例外として、内容証明郵便による返済請求があった場合は6ヶ月間だけ時効の中断がされます。

その後債権者が裁判上の訴えをした場合、時効の中断は内容証明郵便による返済請求があった時点からになります。もし訴えがなければ、時効が6か月延びただけです。

3.差押え・仮差押え・仮処分が行われたとき

最後は「差押え、仮差押え、仮処分が行われたとき」です。

時効の5年間が経過したのを知る方法

時効の援用は最後に返済した日が基準になります。ここから丸5年経ったら時効の援用が可能ですが、何か裁判所から書類が届いたり、債権者からの書類に対応してしまったりと、時効が中断されているのか否か判らない状態になっている人もいるでしょう。

専門業者へ依頼しよう

時効の成立を債権者に確認するわけにはいきませんし、下手な行動は藪蛇になり兼ねません。そういった状態の方は、専門業者に依頼しましょう。無料で時効状態の有無を調べてくれる業者がいますので、ぜひ活用しましょう。

時効の援用を忘れずに

債権の回収が無くなったからと言って「逃げ切った」と安心しないでください。もし時効に該当する期間が経っていたら、時効の援用をしましょう。

ブラックリストへ名前が記載されることに

時効の援用をしないと、あなたの信用情報は長期延滞の事実が永遠に残ります。いわゆるブラックリストに載ったということです。

住宅ローンを組むにも、他でお金を借りるにしても、たとえ収入があって、支払に問題がない現状でもその記録がすべてを阻みます。

それどころが新規でのクレジットカードの発行もできないので、不便極まりない状況です。もし心当たりのある人は専門業者に相談してみてください。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。