債権にも時効はある?借金を返済しなくてよい時効成立ケースとは

債権にも時効があります。あなたが債権者なら適切な手続きをとらないと、あっという間に時効が成立します。あなたが債務者ならこの期間逃げ切れば借金はなくなります。時効の成立条件などをご説明いたします。

債権・借金の時効はいつ?

借金の時効は、誰に借金をしたか(どこからお金を借りたか)により変わってきます。

1.商事消滅時効

銀行などの金融機関や、消費者金融から借りた場合は5年で時効になります。これを商事消滅時効といいます。

2.民事消滅時効

その反対に、友人や知人、親など個人から借りた場合は、10年間で時効が成立します。これを民事消滅時効といいます。

時効の成立を通知する必要がある

ただ、時間の経過だけが時効の成立条件ではありません。借金した相手に「時効が成立した」から払わないということを通知しなくてはいけません。

時効の成立は一方的でよい?

相手に通知することを「時効の援用」といいます。そして相手方の承諾は必要なく、あくまで一方的な通知で成立します。

内容証明郵便を使おう

方法は、内容証明郵便(配達証明付)で「時効が成立した」通知を相手方するのが良いでしょう。後でもめた場合、通知の内容ととどいたことが確認できる証拠が必要になるからです。

しかし前提条件として前述の時効が成立するのは、債権者が一定の期間、債権を行使しなかった場合です。

時効が中断になってしまうケース

債権者がどのような行為をすれば、時効は中断されるのでしょうか?全部で3つあります。

1.債務の承認をした場合

まずは「債務の承認」です。債務者が時効の成立期間を過ぎた後に支払った場合は、時効の利益を放棄したこととなります。何か借金を減額する旨返信を求められてそれに対して、返信しても同様な扱いとなります。

2.裁判上の請求があった場合

次に「裁判上の請求」です。債権者が返済して欲しいと裁判に訴えた場合です。訴えられると裁判所から訴訟もしくは支払い督促などの通知が届きます。

他にも、内容証明郵便に限っては、その通知が届いてから、6カ月間以内に裁判上の訴えをすれば、この6か月も含めて時効の中断がされますが、それ以外の方法では返済して欲しい旨連絡があっても中断はしません。

3.差押え・仮差押え・仮処分になった場合

最後は「差押え、仮差押え、仮処分」の場合です。これは裁判所から強制執行の命令がでていますので、当然時効は中断します。

時効は簡単に成立しない

債権を回収する方もプロです。仮に業者相手だとしても5年間逃げ切るのは至難の業です。逃げ回るわけなので、住民票を移せない、友人、知人と連絡が取れないなど人生に色々と制限がかかります。

返済が難しい場合には他の手立てを

また債権者が友人や家族の場合、失うものはお金以外のものです。時効を悪用してはいけません。借りたら返すが原則です。またどうしても返せない事情が発生した場合は、逃げるのではなく別の方法で解決したほうが失うものは少なく済みます。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。