マイナス財産の可能性も!相続放棄で気を付けるべき点は?

相続はプラスの面ばかりではありません。借金も相続の対象です。負の財産も相続人が義務を負うのかというとそうではありません。一定の手続きをすると相続放棄できます。その相続放棄方法や手続きについてご説明いたします。

相続放棄とは?

一番身近な相続とは親からの相続でしょう。親が亡くなって相続が発生したとします。その際、親にプラスの財産(預金等)とマイナスの財産(借金)があった場合、どうすればいいのでしょう?

「単純承認」

何の手続きもしなければ、そのままプラス・マイナス全ての財産を相続することになります。これを「単純承認」といいます。

「相続放棄」

それに対して「相続放棄」とは、マイナスの財産の方がプラスの財産より多い場合、一定の法的手続きをすれば、プラスの財産も相続できませんが、マイナスの財産である借金を返す義務から解放されます。

「限定承認」

その中間にあたるのが「限定承認」です。これはプラスの財産の限度内でマイナスの財産を相続することをいいます。これも法的手続きが必要です。

相続放棄の手続き期限

相続放棄の手続きは相続人が行います。仮に親が無くなり、相続する人が兄弟姉妹などで複数いる場合には、相続人毎に手続きをすることができます。

相続人毎の手続きとは?

これはつまり、兄がその遺産分を相続しても、弟は相続放棄をしてもいいという事です。逆に言えば、債務超過で相続放棄をする場合、兄弟姉妹の中で一人だけ手続きをしても、他の兄弟姉妹は放棄したことにならないという事です。

期限は3ヶ月以内

この手続きは、相続を知ってから3か月以内に行わないと相続を承認したとみなされます。ただし、債務者からの請求で初めて借金(マイナスの財産)があったと知った場合、そこから3か月になります。

相続放棄の手続き方法

被相続人の住所のある家庭裁判所に以下の書類を提出します。

・相続放棄の申述書
・被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本もしくは住民票除票又は戸籍附票
・申述人(相続放棄する人)の戸籍謄本

相続放棄の手続きに必要となるもの

陳述書には、申述人(相続人)・被相続人の情報と相続する財産の内容(土地・建物の平米数、貯金、有価証券、借金)を記載します。申述人毎に収入印紙が800円と、家庭裁判所との連絡用の郵便切手が必要となります。

相続放棄受理証明書の申請も忘れずに

相続放棄が受理されると「相続放棄申述受理通知書」が裁判所から郵送されます。受け取ったら、「相続放棄受理証明書」の申請も忘れずに。債権者に対して相続放棄したことを証明する書類になります。発行費用は1通辺り収入印紙代150円です。

相続放棄の注意点

相続を放棄するのであれば、手続きする前も、手続き中も手続き後でも財産を処分してはいけません。相続を承認したとみなされます。また知っている財産を目録に記載しなかったことが発覚した場合も承認したとみなされます。

他の相続人へも連絡しよう

そして忘れがちなのが、次の相続順位の人への連絡です。自分の財産放棄手続きをすれば、次の法定相続人にへと引き継がれます。突然債権者からの連絡で、マイナスの財産が相続されているのを知るなんて事がないように注意しましょう。

監修者

笹木 彩世

保険代理店に勤務し、保険を活用したリスク対策や、資産運用等のご相談をお受けして参りました。最近は外貨建て、オンラインビジネスに興味があります。少しでも皆様の暮らしのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。