ダルビッシュ1

意外な副業を始めたダルビッシュ有・4年目で年俸2億越え

WBCでは侍ジャパンとして素晴らしいピッチングを見せてくれるダルビッシュ有がメジャーリーグに移籍してから早くも5年が経とうとしています。そんなダルビッシュ有のお金事情はどうなのでしょうか。

日本で残した圧倒的な成績

2015年は肘の手術をしたため、あまりニュースに登場しなかったダルビッシュ有ですが、もともとは日本ハムで活躍をしていました。

その時の成績はすさまじく2005年から2011年の7年間で93勝を挙げ勝率は7割を超えています。これは歴代4位で久しく現れていない200勝投手に最も近かったピッチャーの一人でしょう。

プロ4年目にして年俸2億円を突破

すさまじい勢いで勝ち星を重ねていたダルビッシュ有ですが年俸は文字通りうなぎのぼりです。プロ1年目で、新人の上限である1500万円でスタートした年俸ですが4年目には約1億3000万円アップで2億円を突破、10年目の2014年には10億円を突破しています。

2015年現在で約12億円ですから10年間で約10倍になっています。普通のサラリーマンから考えるとありえない昇給率です。

2歳差のマー君と仲良し

日本にいるときにもメジャーリーグでも同じチームになったことはありませんが、ニューヨークヤンキースの田中将大とテキサスレンジャーズのダルビッシュ有は非常に仲が良いことで有名です。

侍ジャパンとして戦っているときに仲良くなったようです。この二人の年俸を合わせると、なんと約34億円になります。これは2015年に引退した球界のレジェンド山本昌の生涯年俸と同じ金額です。

ダルビッシュ有が副業!月額1万円のSNSを運営中

肘の故障で現在、投球ができていないダルビッシュ有ですが2015年にとんでもない副業を始めました。それが有料会員制のSNSサイトの運営です。誰もが驚いたのはその値段です。月額1万円、これを払う人がいるのでしょうか。

このサイトの売りは会員がSNSで質問をするとダルビッシュ有が直接回答をしてくれる点です。このセールスポイントが意外と受けて関係者を中心に入会者が相次いでいるようです。会員の中にはホリエモンもいるという話です。

Photo: http://matome.naver.jp/