maxresdefault

野球選手の年俸事情は?海外メジャーと日本の驚くべき年俸差とは

有名な野球選手の年俸を聞くと自分もそれだけもらえたらな、と思ってしまうことがありますよね。しかし、海の向こうのメジャーリーグの年俸を聞いてしまうと、それを越えてなんとも言えない気持ちになってしまいます。今回は野球選手の年俸事情をご紹介します。

よく聞く推定年俸っていったい?

契約更改の時期になると選手たちの年俸額がニュースによく登場します。その時に金額の前に推定、と書いてあるのをよく見ませんか。実はプロ野球選手個人の年俸は公開されていません。

そのため記者たちが推測で年俸を書くことになるので必ず推定、という単語が付きます。選手の正確な年俸が公開されるのは年俸調停をするときだけです。

推定は正確なのか?

では推定年俸は正しい金額なのでしょうか。これは概ね正しいといえるようです。実は1年目の選手も含めて選手が契約更改をすると記者会見を開きます。

過去の選手とその選手の活躍とを照らし合わせて、年俸を予測し大体いくらぐらいで更改しましたね、と記者が聞きます。それよりも高いか低いかを選手がこたえ、ではいくらですか、と記者が聞き、という作業を繰り返すことで推定年俸を算出するのです。

正しい年俸を言われたときの選手の反応は十人十色だそうです。

日本プロ野球の最高年俸は5億1000万円

そうして出された推定年俸のなかで最高だったのが読売巨人軍の阿部慎之助です。その金額は5億1000万円で、近年の不調を考えるとやや高いと思う方もいるでしょう。

ちなみにプロ野球史上最高年棒は元横浜ベイスターズの佐々木主浩で6億5000万円となっています。第2位が松井秀喜で6億1000万円ですから日米で活躍している選手はやはり、格が違うといえるかもしれません。

メジャーリーグとプロ野球の平均年俸比較

さて、それではメジャーリーグとプロ野球を比較するとどうなのでしょうか。これはもう、開いた口が塞がらないレベルで驚いてしまいます。

メジャーリーグの平均年俸は約3億8000万円でプロ野球は約3800万円です。メジャーリーグとマイナーリーグを分けていることを考慮してもとんでもない金額です。

ちなみに現役メジャー選手で最高年棒はニューヨークヤンキースのアレックス・ロドリゲスで約36億円になっています。日本と比較するだけ無駄な気がしてしまうほど大きな差です。

photo: https://www.youtube.com/